トップ

研究テーマ

サイトマップ

メンバー

論文一覧

リンク

概要

アクセス

GaitMater

Fig1. GaitMaster 1

GaitMaster1 - 全方向型

GaitMasterは、全方向の凹凸面に対応した、ロコモーションインタフェース(歩行感覚呈示装置)である。この装置は、ターンテーブル上に設置された2つの3自由度モーションベースによって構成されている。使用者は、モーションベース上のトッププレートに立ち、歩行する。2つのモーションベースは、トッププレートが使用者の左右の足に追従するよう制御され、ターンテーブルは使用者が方向転換に応じて回転する。

こうして、使用者は無限に続く凹凸面を歩行することができる。

  • トッププレート可動範囲:
          • 32cm(前後)
          • 28cm(左右)
          • 20cm(上下)
  • 最大速度:
          • 50cm/s
  • ターンテーブル最大角速度:
          • 500deg/s
GaitMaster2 - 前進型

GaitMaster2 は、2台のACモータとチェーンで駆動される2自由度のモーションプラットホーム(左右の足に対応)によって構成されている。このモーションプラットホームは使用者の歩行動作を打ち消すよう制御される。

こうすることで、使用者は、物理的は位置を維持したまま、バーチャル空間を実際に歩行でき、またバーチャルな階段を昇降することができる。U

  • 前後方向可動範囲:
          • 80cm
  • 上下方向可動範囲:
          • 20cm
  • 前後方向最大速度:
          • 1.5m/s
  • 最大積載質量:
          • 80k

Introductory movie for SIGGRAPH2000 >>

Fig.2 GaitMaster 2