トップ

研究テーマ

サイトマップ

メンバー

論文一覧

リンク

概要

アクセス

GarnetVision

Gernet Vision は菱形12面体で構成された、没入型ディスプレイである。この菱形12面体は、その名の通り、互いに合同な12枚の菱形を組み合わせた構成になっており、没入型ディスプレイとしては、ピクセル効率・容積効率の面から、優れた形状である。

ピクセル効率とは、プロジェクタが投影するアスペクト比4:3の映像を、スクリーンに対してどれくらいの割合が有効に利用されるかというものである。スクリーンが正方形の場合だと75%、菱形だと71%となる。容積効率とは、スクリーンに囲まれている有効容積(多面体の容積)と、プロジェクタの光路のスペースとなる無効容積の総和との比を表している。スクリーンの縦の長さを1とするときの、スクリーンとプロジェクタとの距離をDとすると、立方体の場合は 0.5/D、菱形12面体の場合はおよそ0.867/Dとなる。


12面体の内部には、アクリル製の土台が設置されており、使用者はそこに立つことで、スクリーンに投影された全天周映像を見渡すことができる。

詳細説明 >>

 

関連論文

  • Hiroo Iwata : Rear-projection-based Full Solid Angle Display, Proceeding of ICAT'96 html>>