トップ

研究テーマ

サイトマップ

メンバー

論文一覧

リンク

概要

アクセス

Volume Haptic Interface

図1.システム概念図

system.jpg

図2.システム概観

既存のハプティックインタフェースとして、二次元平面上に凹凸を表現することで力覚を呈示することができる装置がある。しかし、実世界では物体を掴んだりして、三次元の抗力(力覚)情報をもとに物体形状を把握することも多い。


 そこで、本研究では、連続した面で、かつボリュームを伴う三次元の力覚呈示を可能とし、より実世界の物体形状の認識に近いデバイスとして、バルーンを複数個用いて、その大きさを制御することによって、ボリュームレンダリングを行うとともに、圧力センサを用いて、働きかけられた力のセンシングを行うハプティックインタフェースの構築を目標としている。

関連論文

  • 阿部 幸司、矢野博明、岩田 洋夫 :空気圧バルーンを用いた体積型ハプティックディスプレイ、HIS研究会報告集:Vol.4,No.3(2002) pdf >>