Yano's papers

論文等

査読付き雑誌論文

1. 矢野 博明,岩田 洋夫:"力帰還型仮想環境における協調作業", 計測自動制御学会論文集,Vol.31,No 9,pp.1495-1501(1995)
2. 矢野 博明,岩田 洋夫:"自律的自由曲面を用いた仮想環境における協調作業", 電気学会論文誌,C編,115巻,2号,pp.245-252(1995)
3. 矢野 博明,岩田 洋夫:"時間遅れのある仮想環境における教示作業", 電子情報通信学会論文誌,A,Vol.J79-A, No.2,pp.537-538 (1996)
4. 矢野 博明,岩田 洋夫:"力覚帰還型仮想環境構築ソフトウエア",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol 2, No.1,pp.1-9(1997)
5. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, and Wataru Hashimoto:"LHX: An Integrated Software Tool For Haptic Interface", Computers & Graphics,Vol.21,No.4,pp.413-420(1997)
6. 矢野 博明, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝:"振動子を用いた全身触覚提示デバイスの開発",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.3 ,No.3,pp.141-147(1998)
7. 廣瀬 通孝, 岩田 洋夫, 池井 寧, 小木 哲朗, 広田 光一, 矢野 博明, 筧 直之:"触覚用共通ソフトウェア(HIP)の開発",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.3,No.3, pp.111-119(1998)
8. 矢野 博明, 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 田村 善昭:"振動触覚グローブを用いた流れ場表現",情報処理学会論文誌,40巻,2号 pp.414-421(1999)
9. 矢野 博明, 筧 直之, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 中垣 好之:"多種触覚デバイスに対応したHapticWorkBenchの開発",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.4,No.4, pp.723-730(1999)
10. 矢野 博明:“仮想環境構築ソフトウエア”, ヒューマンインタフェース論文誌, Vol.1 No.4, pp.1-8(1999)
11. 矢野 博明, 筧 直之, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 岩田 洋夫, 池井 寧, 広田 光一:“異種触覚デバイスを用いた協調作業のための触覚計算モデル”, ヒューマンインタフェース論文誌, Vol.2 No.2, pp.203-210(2000)
12. 岩田 洋夫, 矢野 博明, 中泉 文孝: "HapticScreenを用いたメディアインスタレーション:ANOMALOCARIS", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.5,No.1, pp.771-778(2000) (日本バーチャルリアリティ学会平成13年度論文賞受賞)
13. 矢野 博明, 亀田 敏弘, 水谷 孝一,岩田 洋夫: "物理法則に基づく聴覚と力覚の融合に関する研究",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.5,No.3, pp.997-1003(2000)
14. 筧 直之, 矢野 博明, 齋藤 允, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝: “没入型仮想空間における力覚呈示デバイスHapticGEARの開発とその評価”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.5, No.4, pp.1113-1120(2000)
15. 矢野 博明, 葛西 香里, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 歩行感覚呈示装置による遠隔リハビリテーションシステム”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.6, No.4, pp.277-280 (2001)
16. 矢野 博明, 葛西 香里, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” ロコモーションインタフェースによる歩行感覚の共有”, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.4, No.2, pp.119-126 (2002) (ヒューマンインタフェース学会平成15年度論文賞受賞)
17. 河村 亮, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 弾性分布を呈示する面型ハプティックインタフェース”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.7, No.3, pp.301-311 (2002) (日本バーチャルリアリティ学会平成15年度論文賞受賞)
18. 吉江 将之, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” ジャイロモーメントを用いた力覚呈示装置”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.7, No.3, pp.329-337 (2002)
19. Hiroaki Yano, Kaori Kasai, Hideyuki Saitoh and Hiroo Iwata:” Development of a gait rehabilitation system using a locomotion interface", Journal of Visualization and Computer Animation, Volume 14, pp.243-252, (2003)
20. 上村 尚弘, 森谷 哲朗, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”食感呈示装置の開発”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.8, No.4, pp.399-406 (2003)(日本バーチャルリアリティ学会平成16年度論文賞受賞)
21. 矢野 博明, 伊川 宏美, 亀田 敏弘, 水谷 孝一, 岩田 洋夫:” AudioHapticsを用いた聴覚と力覚の感覚統合”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.9, No.3, pp.241-248 (2004)
22. 森谷 哲朗, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 食味における感触統合に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.9, No.3, pp.259-264 (2004)
23. Hiroaki Yano, Kaori Kasai, Hideyuki Saitoh and Hiroo Iwata:” Sharing Sense of Walking with Locomotion Interfaces", International Journal of Human-Computer Interaction, Vol.17, No.4 , pp.447-462, (2004)
24. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, Hiroyuki Fukushima and Haruo Noma : ” CirculaFloor”, IEEE Computer Graphics and Applications, January-February, pp.64-67(2005)
25. 小野 直人, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”体積型力覚呈示装置への画像投影に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.10, No.2, pp.209-215 (2005)
26. 林 隆伯, 中泉 文孝, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 複数プロジェクタを用いた立体視可能な全周球面没入型ディスプレイの開発”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.10, No.2, pp.163-171 (2005)
27. 小峯 圭太, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”高密度力覚ディスプレイによる弾性分布呈示”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.11, No.1, pp.115-122 (2006)
28. Hiroaki Yano, Masaki Nudejima, Masaki Tomiyoshi and Hiroo Iwata:” Rigidity Distribution Rendering for a Tool-Handling Type Haptic Interface”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 18, No. 4, pp.418-425(2006)
29. 福島 寛之, 矢野 博明, 野間 春生, 岩田 洋夫:” 全方位移動ロボットを用いた歩行感覚呈示装置CirculaFloor”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.11, No.2, pp.237-244(2006)
30. Takeetsubu Hirabayashi, Junichi Akizono, Takashi Yamamoto, Hiroshi Sakai, Hiroaki Yano:” Teleoperation of construction machines with haptic information for under water applications”, Automation in Construction, Vol. 15, pp.563-570 (2006)
31. 大貫久美子、矢野博明、斉藤秀之、岩田洋夫:歩行感覚呈示装置を用いた歩行リハビリテーション、計測自動制御学会論文誌、第43巻3号, pp.189-196, (2007)
32. 矢野博明、中島陽介、岩田洋夫:光トポグラフィによる歩行動作の評価、日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.12, No.1, pp.67-74, (2007)
33. 平林 丈嗣、矢野 博明、岩田 洋夫:触像を用いた水中バックホウ遠隔操作インタフェースの開発、日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.12, No.4, pp.461-470(2007)(33) 平林 丈嗣、矢野 博明、岩田 洋夫:触像を用いた水中バックホウ遠隔操作インタフェースの開発、日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.12, No.4, pp.461-470(2007) (日本バーチャルリアリティ学会平成19年度論文賞受賞)
34. 棚橋 新七, 矢野 博明, 岩田 洋夫, 小型没入球面ディスプレイ「スピンドーム」における立体視, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vo.13, No.3, pp.325-332, 2008
35. Hiroaki Yano, Takayuki Masuda, Yousuke Nakajima, Naoki Tanaka, Shintaro Tamefusa, Hideyuki Saitou and Hiroo Iwata,” Development of a Gait Rehabilitation System with a Spherical Immersive Projection Display”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 12, No.6, pp.836-845(2008)
36. 平林 丈嗣, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 水中工事の無人化を目的とした水中建設機械遠隔操作インタフェースに関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.14, No.1, pp.79-88(2009)
37. 矢野 博明、中島 陽介、田中 直樹、斉藤 秀之、岩田 洋夫:歩行感覚呈示装置を用いた臨床実験用歩行リハビリテーションシステムの開発、日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.14, No.4, pp.455-462(2009)
38.
圓崎 祐貴, 佐藤 亮太, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” デバイスアート・ツールキットの開発”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 Vol.15, No.3, pp. 417-426, (2010)
39.真中 勇太、矢野 博明、岩田 洋夫: “ロボットタイルとリアドームの統合に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.16, No.3, pp.449~458 (2011)
40.ヤェムヴィボル、葛岡英明、矢野博明、渋沢良太、山下淳、太田祥一、竹内保男、気管挿管教育のための外装型力覚提示装置の提案, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.16, No.4, pp. 597-605(2011)
41.Hiroaki Yano, Shintaro Tamefusa, Naoki Tanaka, Hideyuki Saito, and Hiroo Iwata: “Interactive Gait Rehabilitation System with a Locomotion Interface for Training Patients to Climb Stairs“, Presence:Teleoperators and Virtual Environments Winter 2012, Vol. 21, No. 1: 16–30 (2012)
42. Naoki Tanaka, Hideyuki Saitou, Toshifumi Takao, Noboru Iizuka, Junko Okuno, Hiroaki Yano, Akira Tamaoka, and Hisako Yanagi:” Effects of gait rehabilitation with a footpad-type locomotion interface in patients with chronic post-stroke hemiparesis: a pilot study”, Clinical Rehabilitation, August 2012 26: pp.686-695(2012)43. Naoki Tanaka, Takeshige Kanamori, Hideyuki Saitou, Hiroaki Yano, Junko Okuno, Hisako Yanagi:”Improvements of muscle strength and gait ability among chronic post-stroke patients by gait training with a footpad-type locomotion interface”, Journal of Novel Physiotherapies,S1:002. doi:10.4172/2165-7025.S1-002(2012)
44. 田中 直樹,斉藤 秀之,飯塚 陽,矢野 博明,奥野 純子,柳 久子,”維持期脳卒中患者に対する歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニング効果の持続性”, 理学療法科学, 27/2, pp.123-128(2012)
45. 吉田 晃順,矢野 博明、岩田 洋夫: “疑似力覚によるねじりトルク感覚の増強”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.2, pp.131-140 (2013)
46. 内藤 幾愛,斉藤 秀之,柳 久子,矢野 博明,長澤 俊郎,小関 迪: “健常成人における歩行様式の違いによる脳内血液酸素動態の検討”, 理学療法科学 28/4, pp.435-440(2013)
47. 岩田 洋夫,矢野 博明,圓崎 祐貴,鈴木 一弘:”モジュラー構造を有するトーラストレッドミル”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.18,No.3,pp.197-206(2013)
48. 山下貴之、矢野博明、岩田洋夫: LRF を用いた低自由度遠隔触知覚システムにおける形状と表面粗さの複合提示”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌Vol.19, No.4, pp.513-522(2014)
49. 谷口 将一郎, 矢野 博明, 岩田 洋夫: ” 2自由度力覚提示装置による間接力覚提示”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19. No.4, pp.585-588(2014)
50. Hiroaki Yano, Hiromi Nagasu, Naoki Tanaka, Hideyuki Saito, Hiroo Iwata,” Development of a Portable Gait Rehabilitation System for Home-visit Rehabilitaiton”, Scientific World Journal, Volume 2015 (2015), Article ID 849831, 12 pages(2015)
51. Yukio Oshiro, Hiroaki Yano, Jun Mitani, Sangtae Kim, Jaejeong Kim, Kiyoshi Fukunaga and Nobuhiro Ohkohchi,” Novel 3-dimensional virtual hepatectomy simulation combined with real-time deformation”, World J Gastroenterol,Vol.21, No.34, pp. 9982–9992(2015).




査読付き国際会議論文

1. Hiroo Iwata and Hiroaki Yano: "Artificial Life in Haptic Virtual Environment" , Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence(ICAT'93),pp.91-96(1993)
2. Hiroo Iwata and Hiroaki Yano: "Desktop Force Display", ACM SIGGRAPH '94 "The Edge",Visual Proceedings of SIGGRAPH'94,p.215(1994)
3. Hiroo Iwata and Hiroaki Yano: "Interaction with Autonomous Free-form Surface", Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT'94),pp.27-32(1994)
4. Hiroo Iwata and Hiroaki Yano: "Shared Haptic World", ACM SIGGRAPH '95 "Interactive Communities" ,Visual Proceedings of SIGGRAPH'95,p.131 (1995)
5. Hiroaki Yano and Hiroo Iwata: "Cooperative Work in Virtual Environment with Force Feedback", Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence/Virtual Reality Software and Technology(ICAT/VRST'95),pp.203-210 (1995)
6. Takeo Asano, Hiroaki Yano and Hiroo Iwata: "Basic Technology of Simulation System for Laparoscopic Surgery in Virtual Environment with Force Display", Medicine Meets Virtual Reality, IOS Press,pp.207 - 215 (1997)
7. Hiroaki Yano, Naoyuki Kakehi, Tetsuro Ogi and Michitaka Hirose: "Haptic Interface for Immersive Projection Display", Proceedings of Human Computer Interaction (HCI'99), Volume2, pp.1030-1034(1999)
8. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano and Fumitaka Nakaizumi: "GaitMaster", Conference Abstracts and Applications of SIGGRAPH2000, p.82(2000)
9. Haruo Noma, Fumitaka Nakaizumi, Hiroaki Yano, Tsutomu Miyasato and Hiroo Iwata: ”Virtual Three Legged Race Using Networked Locomotion Interfaces”, Proceedings of ASME Dynamic Systems and Control Division –2000 Volume 2,pp.1259-1260(2000)
10. Hiroaki Yano, Haruo Noma, Hiroo Iwata and Tsutomu Miyasato: "Shared Walk Environment Using Locomotion Interfaces", Proceedings of ACM2000 Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW2000), pp.163-170 (2000)
11. Michitaka Hirose, Koichi Hirota, Tetsuro Ogi, Hiroaki Yano, Naoyuki Kakehi, Makoto Saito and Mutsuhiro Nakashige: ”HapticGEAR: The Development of a Wearable Force Display System for Immersive Projection Displays”, Proceedings of IEEE VR2001, pp.123-129(2001)
12. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano and Fumitaka Nakaizumi: ”Gait Master: A Versatile Locomotion Interface for Uneven Virtual Terrain”, Proceedings of IEEE VR2001, pp.131-137 (2001)
13. Hiroaki Yano, Hiroo Iwata: ” Software Architecture for Audio and Haptic Rendering Based on a Physical Model”, Proceedings of INTERACT2001,pp.19-26(2001)
14. Hiroaki Yano, Wataru Hashimoto, and Hiroo Iwata: ”Virtual Reality Lab. – University of Tsukuba”, Proceedings of INTERACT2001,pp.883-884(2001)
15. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, Fumitaka Nakaizumi, and Ryo Kawamura: ”Project FEELEX: Adding Haptic Surface to Graphics”, Proceedings of SIGGRAPH2001, pp.469-475(2001)
16. Hiroaki Yano, Hiromi Igawa, and Hiroo Iwata: ” DEVELOPMENT OF AN AUDIO AND HAPTIC RENDERING METHOD BASED ON A PHYSICAL MODEL ”, Proceedings Volume 1 The Sixth International Conference on Motion and Vibration Control(MOVIC 2002), pp.564-569(2002)
17. Hiroaki Yano, Kaori Kasai, Hideyuki Saitou and Hiroo Iwata: ”Development of a Gait Rehabilitation System Using a Locomotion Interface”, Proceedings of First International workshop on Virtual Reality Rehabilitation (VRMHR2002), pp.103-114 (2002)
18. Hiroaki Yano, Masayuki Yoshie, and Hiroo Iwata: ” Development of Non-grounded Haptic Interface Using Gyro Effect”, Proceedings of HAPTICS 2003, pp.32-39 (2003)
19. Hiroaki Yano, Hiromi Igawa, Toshihiro Kameda, Koichi Mizutani, and Hiroo Iwata: ”AudioHaptics: Audio and Haptic Rendering Based on a Physical Model”, Proceedings of HAPTICS 2004, pp.250-257 (2004)
20. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, Takahiro Uemura and Tetsuro Moriya: ”Food Texture Display”, Proceedings of HAPTICS 2004, pp.310-315 (2004)
21. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, Takahiro Uemura and Tetsuro Moriya: ”Food Simulator: A Haptic Interface for Biting”, Proceedings of VR2004, pp.51-57 (2004)
22. Hiroo Iwata, Hiroaki Yano, Hiroyuki Fukushima and Haruo Noma :” CirculaFloor: A Locomotion Interface Using Circulation of Movable Tiles”, Proceedings of VR2005, pp.223-230 (2005)
23. Hiroaki Yano, Masaki Nudejima and Hiroo Iwata: ” Development of Haptic Rendering Methods of Rigidity Distribution for Tool-handling Type Haptic Interface”, Proceedings of World Haptic Conference 2005, 569-570 (2005)
24. Hiroaki Yano, Kumiko Oonuki, Gensyun Tai and Hiroo Iwata: ” Evaluation of Shared Walking Environment with Locomotion Interfaces”, Proceedings of CollabTech 2005, 85-90 (2005)
25. Hiroaki Yano, Keita Komine and Hiroo Iwata: ”Development of a High-resolution Surface Type Haptic interface for Rigidity Distribution Rendering”, Proceedings of HAPTICS 2006, pp.355-360, (2006)
26. Taketsugu Hirabayashi, Takashi Yamamoto, Hiroaki Yano, and Hiroo Iwata: ”Experiment on Teleoperation of Underwater Backhoe with Haptic Information”, Proceedings of International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC) 2006, pp.36-41(2006) (BEST PAPER AWARD受賞)
27. Taketsugu Hirabayashi, Hiroyuki Yasuda, Hiroaki Yano, and Hiroo Iwata:”Evaluation of Operativeness Concerning Interface of Remote Controlled Backhoe”, Proceedings of International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC) 2006, pp.52-55(2006)
28. Mutsuki Matsumoto, Hiroaki Yano and Hiroo Iwata:” Development of a Motion Teaching System Using an Immersive Projection Display and a Haptics Interface”, World Haptic Conference 2007 , pp.298-303 (2007)
29. Hiroaki Yano, Yousuke Nakajima, Yuki Mizuta, Hideyuki Saitoh, Hiroo Iwata:” Evaluation of Gait Rehabilitation with a Locomotion Interface Using NIRS”, Proceedings of Virtual Rehabilitation 2007, p.85(2007)
30. Hiroaki Yano, Itsuro Hayashi and Hiroo Iwata:” 1DOF Sensor and Display system of Haptic and Temperature Sensation”, Proceedings of HAPTICS2008, pp.369-370, (2008)
31. Hiroaki Yano, Yousuke Nakajima, Yuki Mizuta, Naoki Tanaka, Hideyuki Saito and Hiroo Iwata, “Effectiveness Measurement of Gait Rehabilitation with a Locomotion Interface Using NIRS”, Proceedings of ASIAGRAPH2008,pp.67-72(2008)
32. Hiroaki Yano, Yuichi Miyamoto and Hiroo Iwata, “Haptic Interface for Perceiving Remote Object Using a Laser Range Finder”, Proceedings of World Haptic Conference 2009 ,pp.196-201, (2009)
33. Hiroaki Yano, Shintaro Tamefusa, Naoki Tanaka, Hideyuki Saitou and Hiroo Iwata, “Gait Rehabilitation for Stair Climbing with a Locomotion Interface”, Proceedings of the 2009 IEEE 11th International Conference on Rehabilitation Robotics, pp.218-223, (2009)
34. Yu-uki Enzaki, Hiroaki Yano and Hiroo Iwata, "Volflex+", Proceedings of ASIAGRAPH 2009, pp.21-24, (2009)
35. Hiroaki Yano, Yuichi Miyamoto and Hiroo Iwata: Touch the Untouchable, Emerging Technology, SIGGRAPH ASIA 2009 DIGITAL EXPERIENCES, p.87(2009)
36. Hiroaki Yano, Shintaro Tamefusa, Naoki Tanaka, Hideyuki Saitou and Hiroo Iwata, "Gait Rehabilitation System for Stair Climbing and Descending", Proceedings of Haptics 2010, pp. 393-400, (2010) (BEST PAPER AWARD Nominated paper)
37.
Hiroaki Yano, Takeyuki Aoki, and Hiroo Iwata:” Handheld Haptic Interface for Touching Remote Objects with Visual Display”, Proceedings of Haptics 2012, pp.349-354(2012)
38. Hiroshi Suzuki, Hiroaki Yano and Hiroo Iwata:” 1 DOF Tabletop Haptic Mouse for Shape Recognition of 3D Virtual Objects”, Proceedings of ACHI2013: The Sixth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions, pp.309-314(2013) (BEST PAPER AWARD受賞)
39. Yu-uki Enzaki, Hiroaki Yano, Yukio Oshiro, Sangtae Kim, Hiroo Iwata and Nobuhiro Ohkohchi: “Object-oriented haptic display for a 3D virtual hepatectomy surgery simulator”, Proceedings of The 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence, pp.177-178, Tokyo, Japan, December 11-13(2013)
40. Kosuke Sato, Yuki Hashimoto, Hiroaki Yano, Hiroo Iwata:” Development of Ball Game Defense Robot Based on Physical Properties and Motion of Human”, Proceedings of Asia Haptics 2014(2014)
41. Yu-uki Enzaki, Hiroaki Yano, Yukio Oshiro, Jaejeong Kim, Sangtae Kim, Hiroo Iwata, Nobuhiro Ohkohchi:” Development of the haptic device for a hepatectomy surgery simulator”, Proceedings of Asia Haptics 2014(2014)
42. Hikaru Takatori, Hiroaki Yano, Hiroo Iwata:” Panoramic Movie-rendering Method with Superimposed Computer Graphics for Immersive Walk-through System”, Proceedings of Asia Haptics 2014(2014)
43. Yoshiyuki Yamashita, Hiroaki Yano, Hiroo Iwata:” Haptic Interface for Shape and Texture Recognition of Remote Objects by Using a Laser Range Finder”, Proceedings of Asia Haptics 2014(2014), (Honorable mention of Best Demonstration Award)
44. Hikaru Takatori, Hiroaki Yano and Hiroo Iwata:”Prototype of Evacuation Simulator using TorusTreadmill and Spherical Immersive Display”, 10th AEARU Workshop on Computer Science and Web Technology, pp.81-82(2015)
45. Kosuke Sato, Masahiro Ueda, Yuki Hashimoto, Hiroaki Yano, Hiroo Iwata:” Pass Blocking Robot for Basketball Drill”, 10th AEARU Workshop on Computer Science and Web Technology, pp.78-80(2015)
46. Naoki Tanaka, Hiroki Watanabe, Kazuki Kouke, Takeshige Kanamori, Hiroaki Yano, and Hisako Yanagi, “Electromyographic analysis of lower extremity muscles in healthy volunteers walking on a footpad-type locomotion interface”, World Confederation for Physical Therapy congress 2015, (2015)
47. Hiroaki Yano, Shoichiro Taniguchi, and Hiroo Iwata:"Shape and Friction Recognition of 3D Virtual Objects by Using 2-DOF Indirect Haptic Interface", Proceedings of World Haptic Conference 2015, pp.202-207 (2015)
48. Naoki Takizawa, Hiroaki Yano, Yukio Oshiro, Hiroo Iwata, and Nobuhiro Ohkohchi, “Development of Encountered-type Haptic Interface that can Independently Control Volume and Rigidity of 3D Virtual Object”, Proceedings of ICAT 2015, pp.17-24 (2015)
49. Shun Takanaka, Hiroaki Yano, Hiroo Iwata, “Multitouch Haptic Interface with Movable Touch Screen”, Proc. of SIGGRAPH Asia 2015 Haptic Media And Contents Design Article No. 13, (2015)


著書

矢野 博明:バーチャルリアリティ学.工業調査会(2010)(3.3章分担)
矢野 博明、岩田 洋夫:ヒトの運動機能と移動のための次世代技術開発、エヌ・ティー・エス(2014)(7章分担)

解説

1. 矢野 博明:"触覚提示とモデリング",計算工学, Vol.4, No.2, pp.15-20(1999)
2. 矢野 博明:"仮想環境構築ソフトウエア",ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.1,No.4, pp.1-8(1999)
3. 矢野 博明, 吉江 将之, 岩田 洋夫:”ジャイロモーメントを用いた力覚呈示装置”, 画像ラボ, Vol.14 No.7, pp.20-24 (2003)
4. 矢野 博明, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” ロコモーションインタフェースを用いた歩行リハビリテーション~さらなる歩行改善へ向けて~”, 画像ラボ, pp.38-42(2005)
5. 矢野 博明:”バーチャルリアリティと歩行のリハビリテーション”、理学療法学, Vol.34 Supplement No.3, pp.6-7 (2007)
6. 矢野 博明:”バーチャルリアリティと歩行のリハビリテーション”、理学療法学, Vol.35 No.4, 125-129 (2008)
7. 斉藤 秀之, 高尾 敏文, 田中 直樹, 矢野 博明, 小関 迪:” 2.ニューロリハビリテーションと理学療法-脳卒中患者の歩行障害に対するアプローチを中心に”, 理学療法ジャーナル2008;第42巻第12号, pp.1027-1034 (2008)
8. 矢野 博明:”コンテナクレーンへの3D映像の活用について”、港湾荷役, Vol.55 No.4, pp.407-412 (2010)
9. 矢野 博明, 爲房 新太朗,岩田 洋夫, 田中 直樹, 斉籐 秀之:” 歩行リハビリテーションのための新しい支援装置”、整形・災害外科, Vol.53 No.11, pp.1299-1308 (2010)

その他の研究発表

1. 岩田 洋夫,中川 隆志,矢野 博明:"広可動範囲フォースディスプレイの開発", 第20回ヒューマンインタフェース研究会,pp.243-250 (1992)
2. 矢野 博明,岩田 洋夫:"フォースディスプレイを用いた仮想空間における協調作業", 第1回グループウエア研究会,pp.59-66(1993)
3. 矢野 博明,岩田 洋夫:"人工生命に対応した仮想環境構築システム", 第9回ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,pp.129-138(1993)
4. 矢野 博明,岩田 洋夫:"力覚帰還型仮想環境における協同作業", 第69回グラフィックスとCAD研究会,pp.31-34 (1994)
5. 矢野 博明,岩田 洋夫:"フォースディスプレイを用いた分散型仮想環境における協調作業.", 第11回ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,pp.389-394 (1995)
6. 浅野 武夫, 矢野 博明, 岩田 洋夫:"フォースディスプレイを用いた仮想環境における手術シミュレーションの要素技術開発",日本バーチャルリアリティ学会第一回大会論文集,pp.95-98,(1996)
7. 矢野 博明,岩田 洋夫:"視覚と力覚を融合した仮想環境構築ソフトウエア", 日本機械学会第74期総会講演会講演論文集(IV), pp.164-165(1997)
8. 渡辺 浩志, 小木 哲朗, 田村 善昭, 矢野 博明:"没入型ディスプレイの流体シミュレーションへの応用",機械学会第10回計算力学講演会講演論文集,pp.411-412(1997)
9. 廣瀬 通孝, 岩田 洋夫, 池井 寧, 小木 哲朗, 広田 光一, 矢野 博明, 筧 直之:"デバイスに依存しない触覚用共通ソフトウエア(HIP)の開発",日本バーチャルリアリティ学会第2回大会論文集,pp.202-205(1997)
10. 矢野 博明, 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 田村 善昭:"振動子を用いた科学技術データの可触化",第13回ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,pp.12-22(1997)
11. 田村 善昭, 小木 哲朗, 矢野 博明, 山田 俊朗, 渡辺 浩志:"没入型多面ディスプレイによる可視化",第11回数値流体力学シンポジウム講演論文集,pp.109-110(1997)
12. 矢野 博明:"空間分布データの可触化",日本機械学会第75期通常総会講演会資料集(VI) ,pp.254-255(1998)
13. 矢野 博明, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝:"没入型多面ディスプレイ(CABIN)における振動子を用いた全身触覚呈示デバイスの開発",第48回ヒューマンインタフェース研究会,pp.151-156 (1998)
14. 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 矢野 博明, 筧 直之:"異種デバイス間の触覚協調作業の実現",第48回ヒューマンインタフェース研究会,pp.121-126 (1998)
15. 矢野 博明, 田村 善昭, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝:"振動子型触覚デバイスを用いた流体の流れ場提示手法",日本流体力学会年会'98講演論文集,pp.427-428(1998)
16. 矢野 博明, 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 田村 善昭:"振動子型触覚デバイスを用いた流れ場表現", 情報処理学会Interaction'98論文集,pp.61-66 (1998)
17. 矢野 博明, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝:"全身触覚ディスプレイを用いた仮想空間ナビゲーション",日本バーチャルリアリティ学会第3回大会論文集,pp.37-40(1998)
18. 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 矢野 博明, 筧 直之, 中垣 好之:"ワイヤーテンションを用いたウエアラブルフォースディスプレイの開発",日本バーチャルリアリティ学会第3回大会論文集,pp.1-4(1998)
19. 矢野 博明, 筧 直之, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 中垣 好之:"複数の触覚ディスプレイに対応したHapticWorkBenchの開発",第14回ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,pp.429-434 (1998)
20. 矢野 博明, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝:"三次元仮想空間の移動における全身触覚デバイスの利用手法",第8回設計工学・システム部門講演会講演論文集,pp.249-252 (1998)
21. 木村 法幸, 矢野 博明, 岩田 洋夫:"サーバーを用いた力覚帰還型協調仮想環境の開発", 日本バーチャルリアリティ学会第4回大会論文集,pp.295-298(1999)
22. 野間 春生, 矢野 博明, 宮里 勉, 岩田 洋夫:”ネットワーク接続された歩行感覚提示装置による協調歩行感覚の提示”, インタラクション2000論文集, Vol.2000, No.4, pp.147-148(2000)
23. 矢野 博明, 岩田 洋夫:"AudioHaptics: 物理法則に基づく聴覚と力覚の融合",ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.2, No.2,pp.19-24 (2000)
24. 河村 亮, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”弾性分布を呈示する面型ハプティックインターフェイスの開発”, 日本バーチャルリアリティ学会第5回大会論文集, pp.51-54(2000)
25. 河村 亮,矢野 博明,岩田 洋夫:”面型フォースディスプレイを用いた動的弾性分布呈示手法”,第10回設計工学・システム部門講演会講演論文集,pp.325-328(2001)
26. 吉江 将之,矢野 博明,岩田 洋夫:”ジャイロモーメントを用いた非接地型力覚提示装置の開発”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集 Vol.3 No.1, pp.25-30(2001)
27. 葛西 香里, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ロコモーションインタフェースを用いた遠隔リハビリテーション”, 第19回日本ロボット学会学術講演会講演概要集, p.60(2001)
28. 葛西 香里, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ロコモーションインタフェースのための空間位置センサーの開発”, 日本バーチャルリアリティ学会第6回大会論文集, pp.51-54(2001)
29. 河村 亮, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ワイヤー駆動を用いた面型ハプティックインターフェイスの開発”, 日本バーチャルリアリティ学会第6回大会論文集, pp.57-60(2001)
30. 吉江 将之, 中泉 文孝, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ジャイロモーメントを用いた力覚呈示装置による空間探索”, 日本バーチャルリアリティ学会第6回大会論文集, pp.95-98(2001)
31. 吉岡 貴行, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”広視野映像の空間知覚への影響”, 日本バーチャルリアリティ学会第6回大会論文集, pp.303-306(2001)
32. 葛西 香里, 矢野 博明, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:”歩行感覚呈示装置の評価手法に関する研究”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2001論文集, pp.17-20(2001)
33. 阿部 幸司, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 空気圧バルーンを用いた体積型ハプティックディスプレイ”, 日本バーチャルリアリティ学会第12回「人工現実感」研究会講演論文集, pp.67-70(2002)
34. 矢野 博明, 斉藤 秀之, 葛西 香里, 岩田 洋夫, 小関 迪, 柳 久子, 戸村 成男: ”歩行感覚呈示装置の開発と人体に対する影響 PCIを用いた予備的実験”, 理学療法学, Vol.29, No.2, p.208(2002)
35. 葛西 香里, 矢野 博明, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:”歩行感覚呈示装置の歩行リハビリテーションへの応用”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2002論文集, pp.25-28(2002)
36. 田村隆幸, 岩田 洋夫, 矢野 博明:” 振動子アレイを用いたウェアラブル触覚インタフェース”, 日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集, pp.137-140(2002)
37. 牧浦 敏則, 岩田 洋夫, 矢野 博明:” 頭部揺動を用いた移動感覚の呈示”, 日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集, pp.211-214(2002)
38. 伊川 宏美, 岩田 洋夫, 矢野 博明:” AudioHapticsにおける音源の大きさに関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集, pp.221-224(2002)
39. 吉江 将之, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”人間の動作を利用したジャイロ効果による動作教示”, 日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集, pp.273-276(2002)
40. 岩崎 正揮, 矢野 博明, 平林 丈嗣, 岩田 洋夫:”水中バックホウ用相似形操作インタフェースの開発”, 日本機械学会 [No.03-4] ロボティクス・メカトロニクス講演会’03 講演概要集, p.21(2003)
41. 森谷 哲朗, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”食感呈示装置の開発”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.17-20(2003)
42. 宮北 豊, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”部分面型歩行感覚呈示装置における移動打ち消しアルゴリズム”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.49-52(2003)
43. 岩田 洋夫, 矢野 博明, 福島 寛之:”CirculaFloor:全方位移動床群の循環によるロコモーションインタフェース”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.53-56(2003)
44. 林 隆伯, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”球面没入型ディスプレイにおける実写映像とCGの合成”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.91-94(2003)
45. 田村 隆幸, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ウェアラブル振動子アレイにおける物体知覚特性”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.237-240(2003)
46. 伊川 宏美, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”AudioHapticsにおける力覚と聴覚の統合特性”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.295-298(2003)
47. 高柳 道寛, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”凸面鏡撮像系による全方位実写立体画像の生成”, 日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集, pp.485-488(2003)
48. 峠 昌平, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”没入型球面ディスプレイのための移動型力覚呈示装置の開発”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集, pp.623-626(2003)
49. 小峯 圭太, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”高密度力覚ディスプレイのための直動アクチュエータ”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.6, No.3,pp.1-6 (2004)
50. 森谷 哲朗, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”食感呈示装置における感覚統合”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.6, No.3,pp.17-22 (2004) (電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション賞受賞)
51. 橳島 正起, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”道具媒介型力覚インタフェースを用いた弾性分布の知覚特性”, 日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文抄録集, p.50(2004)
52. 林 隆伯, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”球面没入型ディスプレイの画質改善”, 日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文抄録集, p.80(2004)
53. 寒河井 豪二, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”可搬型全方位映像撮影システム”, 日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文抄録集, p.81(2004)
54. 大貫 久美子, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”運搬性と拡張性を考慮した部分面型歩行感覚呈示装置の開発”, 日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文抄録集, p.98(2004)
55. 戴 彦駿, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”部分面型歩行感覚呈示装置のための傾斜面呈示装置の開発”, SI2004 講演概要集, p.147 (2004)
56. 橳島 正起, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”道具媒介型力覚インタフェースを用いた弾性分布呈示”, SI2004 講演概要集, p.247(2004)
57. 福島 寛之, 矢野 博明, 野間 春生, 岩田 洋夫:”循環型歩行感覚呈示装置 CirculaFloor の開発”, SI2004 講演概要集, p.286(2004)
58. 大貫 久美子, 矢野 博明, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫: “可搬型歩行感覚呈示装置による歩行リハビリテーション”, 第44回日本生体医工学会大会, p.261 (2005)
59. 草苅 雄一, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”全方位実写映像における立体視に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文抄録集, p.44(2005)
60. 小峯 圭太, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”高密度力覚ディスプレイによる弾性分布呈示”, 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文抄録集, p.66(2005)
61. 富岡 寛, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”パワードシューズ:電動ローラースケートによる歩行感覚呈示装置”, 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文抄録集, p.67(2005)
62. 増田 敬之, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 移動型全方位カメラの遠隔操縦システム”, 第39回ヒューマンインタフェース学会研究会論文集, pp.17-22, (2006)
63. 中島 陽介, 矢野 博明, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 歩行リハビリテーションシステムのための部分面型歩行感覚呈示装置の開発”, 福祉工学シンポジウム2006,pp.220-223(2006)
64. 増田 敬之, 中島陽介, 矢野博明, 岩田洋夫:” 視覚と歩行感覚統合呈示システム”, 第11回日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文抄録集,p.67(2006)
65. 池田 徹, 矢野博明, 岩田洋夫:” 背面投射全周球面ディスプレイの開発”, 第11回日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文抄録集, p.40 (2006)
66. 高島 亮, 矢野博明, 岩田洋夫:” メディアアートの鑑賞行動の広視野画像による分析”, 第11回日本バーチャルリアリティ学会第11回大会論文抄録集, p.63(2006)
67. 田中 直樹,間中 卓也,斉藤 秀之,中島 陽介,矢野 博明,岩田 洋夫,小関 迪:” 部分面型ロコモーションインターフェイス「Gait Master3」を用いた歩行リハビリテーションの効果 第2報”, 第42回 日本理学療法学術大会(ポスターのみ)(2007)
68. 平林 丈嗣, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” ARを用いた濁水中における物体認識”, 日本バーチャルリアリティ学会第12回大会論文抄録集, p.31(2007)
69. 田村 隆幸, 西坂 聡, 矢野 博明, 岩田 洋夫, 林 宏樹, 高畑 実:” 5指力覚ディスプレイを用いた遅延環境下における硬さ知覚の検証”, 日本バーチャルリアリティ学会第12回大会論文抄録集, p.72(2007)
70. 林 逸郎, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 硬さ・温度の同時計測・同時呈示システム”, 日本バーチャルリアリティ学会第12回大会論文抄録集, p.98(2007)
71. 中島 陽介, 矢野 博明, 岩田 洋夫, 斉藤 秀之, 田中 直樹:” 改良型GaitMasterによる歩行リハビリテーション”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2007 論文集, pp.909-914(2007)
72. 増田 敬之, 矢野 博明, 岩田 洋夫, 山下 淳:”全方位映像呈示系を持つ補講リハビリテーションシステムの構築 “, 福祉工学シンポジウム2007 講演論文集, pp.121-124(2007)
73. 矢野 博明, 増田 敬之, 田中 直樹, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 光トポグラフィを用いた没入歩行リハビリテーションシステムの評価”, 福祉工学シンポジウム2008 講演論文集, pp.203-206 (2008)
74. 宮本 優一,矢野 博明,岩田 洋夫:”レーザー距離センサを用いた遠隔触知覚システム”, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, pp.111-114(2008)
75. 平林 丈嗣,矢野 博明,岩田 洋夫:” ARToolKit を用いた水中建設機械による遠隔操作把持作業に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, pp.288-291(2008)
76. 森本 健浩,岩田 洋夫,矢野 博明:”脳活動の温度呈示に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, pp.335-338(2008)
77. 矢野 博明,宮本 優一,岩田 洋夫:”レーザーレンジファインダを用いた遠隔触知覚”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.001, No.HDC01, pp.7-8(2009)
78. 爲房 新太朗, 矢野 博明, 田中 直樹, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 歩行感覚呈示装置を用いた階段昇段動作リハビリテーション”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 論文集, pp.949-954(2009)
79. 真中 勇太,矢野 博明,岩田 洋夫:” 導電繊維による位置センサを用いたロボットタイル”, 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文抄録集, p.34 (2009)
80. 舘山 真悟,矢野 博明,岩田 洋夫:” ロボットタイルの常設展示”, 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文抄録集, p.34 (2009)
81. 田村 学司,矢野 博明,岩田 洋夫:” ジャイロモーメントを利用した力覚呈示装置の常設展示”, 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文抄録集, p.36 (2009)
82. 出口 朗大,小林 洋平,稲葉 智明,矢野 博明,岩田 洋夫:” 車輪付き多脚機構を用いた前庭覚ディスプレイMedia Vehicle の常設展示”, 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文抄録集, p.38 (2009)
83. 佐藤 亮太,矢野 博明,岩田 洋夫:”対象指向型ハプティックインタフェースの常設展示”, 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文抄録集, p.42 (2009)
84. 宮本 優一, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”遠隔触知覚装置によるガラス越しの物体認識”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.014, No.HDC03, p.19-22 (2009)
85. Hiroaki Yano, Yuichi Miyamoto and Hiroo Iwata: Touch the Untouchable, Emerging Technology, SIGGRAPH ASIA 2009 DIGITAL EXPERIENCES, p.87(2009)
86.
青木 健将, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”レーザーレンジファインダを用いた2自由度遠隔触知覚システム”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.001, No.HDC04, p.27-30 (2010)
87.
田中 直樹, 高尾 敏文, 飯塚 陽, 矢野 博明, 奥野 純子, 斉籐 秀之, 柳 久子:”脳卒中片麻痺患者に対する部分面型ロコモーションインタフェースを用いた歩行リハビリテーションの効果の検討”, 理学療法、第37巻第2号, pp.114-115(2010)
88.
爲房 新太朗, 矢野 博明, 田中 直樹, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 歩行感覚提示装置を用いた階段昇段動作の提示と評価”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 論文集, pp.407-414(2010)
89.
宮崎 亮,爲房 新太朗,矢野 博明,岩田 洋夫:”没入型歩行感覚提示装置における視覚と体性感覚の優位性に関する研究”, 第15 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.216-219(2010)
90.
稻川 徹也,矢野 博明,岩田 洋夫:”魚眼レンズを用いた没入型球面ディスプレイの開発”, 第15 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.338-341 (2010)
91.
高橋 広之,矢野 博明,岩田 洋夫:”円環型位置センサを用いた歩行移動インターフェースの制御”, 第15 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.408-411 (2010)
92.
内藤 隆夫,矢野 博明,岩田 洋夫:”歩行能力を拡張するロコモーションインタフェース”, 第15 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.420-423 (2010)
93.
矢野 博明, 田中 直樹, 宮崎 亮, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:”視覚と歩行感覚提示装置を組み合わせた歩行リハビリテーションシステム”, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2010講演論文集, pp.99-102(2010)
94.
鈴木 洋志, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” マウス型一自由度力覚提示装置に関する研究,日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.16, No.HDC06, pp.15-18(2011)
95. Hiroaki Yano, Hiroshi Suzuki and Hiroo Iwata:”1 DOF Haptic Mouse for Shape Recognition of Virtual Objects”, World Haptics Conference 2011,Abstract Digest of World Haptic Conference 2011, p.17 (2011)
96. 長洲 広海, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”歩行感覚提示装置による小型リハビリテーションシステム”,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集, pp.913-920 (2011)
97.
佐野 英雄, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”歩行中の腰部揺動に関する研究”, 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.41-44 (2011)
98.
田中 徹, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ロボットタイルを用いたバーチャル飛石”, 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.370-373 (2011)
99.
鈴木 洋志, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”直接指示環境における 1 自由度力覚提示に関する研究”, 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.654-657 (2011)
100. 青木 健将, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”拡張現実感遠隔触知覚システム”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.17 No.HDC08, pp.3-6(2012)
101.
吉田 晃順, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”ねじりトルクの疑似力覚提示に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告Vol.17 No.HDC08, pp.19-22(2012)
102.
朴 成洙, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”アンカーレス2自由度力覚提示装置を用いた広域VR物体の力覚提示”, 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.112, No.106, pp.113-118(2012)
103.
長洲 広海, 矢野 博明, 田中 直樹, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:“小型リハビリテーションシステムを用いた坂道軌跡の提示と評価”,ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集, pp.927-930 (2012)
104.
吉田 晃順,矢野 博明,岩田 洋夫:” 疑似力覚と力覚提示装置の組み合わせによるねじりトルク感覚の増強”, 第17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.49-52 (2012)
105.
佐野 英雄,矢野 博明,岩田 洋夫:” 腰部揺動機能を有した装着型歩行感覚提示装置”, 第17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.211-214 (2012)
106.
鈴木 洋志,矢野 博明,岩田 洋夫:” 1 自由度力覚提示装置における直接指示と間接指示の比較”, 第17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.239-242 (2012)
107.
圓崎 祐貴, 吉田 晃順, 石塚 脩太, 矢野 博明, 岩田 洋夫:” 肝臓手術シミュレータにおける実物体指向力覚レンダリング”, 第17 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.435-438 (2012)
108.
矢野 博明, 鈴木 洋志, 岩田 洋夫:” 1自由度ハプティックマウスによる段差提示手法”, 信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-103, pp. 149-154(2013)
109.
Hiroaki Yano, Teruyuki Yoshida and Hiroo Iwata;” Pseudo-Haptic Rendering for Displaying a Torsional Torque”, World Haptics Conference 2013, Abstract Digest of WHC2013, p.15(2013)
110.
山下 貴之, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”遠隔地における1自由度形状触知覚システムに関する研究”, 信学技報Vol.113 No.109, pp.77-82(2013)
111.
島田 翔夫,矢野 博明 ,岩田 洋夫:”腰部揺動装置に搭載可能な歩行感覚提示装置の開発”,第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.5-8 (2013)
112.
鈴木 一弘, 橋本 悠希, 矢野博明, 岩田 洋夫:”距離画像センサを用いたTorusTreadmill 上の歩行者の位置検出”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.51-54 (2013)
113.
中川 克人,矢野 博明,岩田 洋夫:” 3D 対応超短焦点プロジェクタを用いた背面投射型全周球面ディスプレイ”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.104-107 (2013)
114.
山下 貴之,矢野 博明,橋本 悠希,岩田 洋夫:” 球面没入型ディスプレイと1自由度力覚提示装置による遠隔触知覚システム”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.321-324 (2013)
115.
圓崎 祐貴,矢野 博明 ,大城 幸雄,岩田 洋夫,大河内 信弘:”肝臓手術シミュレータ用対象型力覚提示装置の開発”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.478-481 (2013)
116. 山口 貴也,矢野 博明,橋本 悠希,岩田 洋夫:” リール式直動アクチュエータを用いた物体表面の硬さ計測”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.547-550 (2013)
117. 吉田 晃順, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”変形モデルを用いたねじりトルクの疑似力覚表現”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.608-611 (2013)
118.
Yuki Enzaki, Hiroaki Yano, Yukio Oshiro, Sangtae Kim, Hiroo Iwata, Nobuhiro Ohkohchi:” Object-oriented haptic display for a 3D virtual hepatectomy surgery simulator”, Proceedings of 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence, pp.177-178, (2013)
119.
矢野 博明, 田中 直樹, 斉藤 秀之, 岩田 洋夫:” 訪問リハビリテーションのための歩行リハビリテーションシステムにおける坂道歩行提示手法”, HCGシンポジウム2013講演論文集, pp.338-343(2013)
120. 大城幸雄,金尚泰,工藤博幸,滝沢穂高,三谷純,岩田洋夫, 矢野博明,掛合英紀,圓崎祐貴,清徳省雄,大河内信弘:” 医工産学連携による「肝変形を可能とした次世代型3D-CG肝臓手術シミュレーション・システム」開発”, コンピュータ外科学会JJSCAS 2013;15(2):140-141 (2013)
121. 岑 宗樹, 矢野 博明, 岩田 洋夫: ” 没入型歩行感覚提示装置における映像酔いに関する研究”, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.393-396 (2014)
122. 鈴木 一弘, 岩田 洋夫, 矢野 博明: ” 2方向の距離画像によるTorusTreadmill 上の 歩行者の位置・方向検出”, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.624-627 (2014)
123. 会田 浩介, 岩田 洋夫, 矢野 博明: ” 距離画像を用いたロボットタイルにおける全方位歩行 ”, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.628-631 (2014)
124. 谷口 将一郎, 矢野 博明, 岩田 洋夫: ” 1自由度間接提示による2次元VR物体の力覚提示”, SI2014論文集, pp.0825-0828(2014)
125. 荻野 哲壮, 矢野 博明, 岩田 洋夫: ” 歩行リハビリテーションにおける上肢運動軌跡提示装置の開発”, 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.114, No. 357, pp.69-74(2014)
126. 田中 直樹, 高尾 敏文, 渡邉 大貴, 金森 毅繁, 矢野 博明, 柳 久子:” 歩行感覚提示装置を用いた歩行トレーニングの有用性の検討 〜体重免荷トレッドミルトレーニングと比較して〜”, 第50回日本理学療法学術大会(2015)
127. 夏神 龍之介, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”歩行時の床へのせん断力を考慮した歩行感覚提示”, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.110-113(2015)
128. 高中 駿, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”可動式タッチスクリーンを用いたマルチタッチ力覚提示”, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.152-155(2015)
129. 田辺 健, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”振動スピーカを用いた力覚提示手法の検討”, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.211-214(2015)
130. Naoki Takizawa, Hiroaki Yano, Yukio Oshiro, Hiroo Iwata, and Nobuhiro Ohkohchi, “Development of Encountered-type Haptic Interface that can Independently Control Volume and Rigidity of 3D Virtual Object”, Proceedings of ICAT 2015, (Best Demo Award 2nd place) (2015)
131. 藤田涼太, 圓崎祐貴, 矢野博明, 大城幸雄, 岩田洋夫, 大河内信弘:”肝臓手術シミュレータのための力覚付きバーチャル超音波吸引装置”, 日本コンピュータ外科学会誌 Vol.17 No.3, pp.178-179(2015)
132.田辺 健, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”振動スピーカを用いた力覚提示手法の知覚特性”, SI2015論文集(印刷中)(2015)
133. 田辺 健, 矢野 博明, 岩田 洋夫:”振動スピーカを用いた非接地型力覚提示によるスポーツ時のフォーム矯正”第1回超人スポーツ学術研究会予稿集(印刷中)(2015)






特許

1. 発明者:野間 春生、宮里 勉、矢野 博明、岩田 洋夫:協調運動感覚体験装置、特願平11-310866 出願人:株式会社国際電気通信基礎技術研究所、出願日:1999年11月01日
2. 発明者:吉江 宗生、内海 真、平林 丈嗣、岩田 洋夫、矢野 博明、金山 裕幸、山本 恭:遠隔操作による施工方法及びシステム、特願2002-88761 出願人:独立行政法人港湾空港技術研究所、佐伯建設工業株式会社、出願日:2002年3月27日
3. 発明者:野間 春生、矢野 博明、保坂 憲一、岩田 洋夫:歩行者位置検出装置、特願2004-229362 出願人:株式会社国際電気通信基礎技術研究所、出願日:2004年08月05日
4. 発明者:岩田洋夫、矢野博明:組込型モーター制御装置、特願2004-345027、出願人:岩田洋夫、ツジ電子株式会社、出願日:2004年11月29日
5. 発明者:吉江 宗生、内海 真、平林 丈嗣、岩田 洋夫、矢野 博明、金山 裕幸、山本 恭:遠隔操作による施工方法、特願2005-220760 出願人:独立行政法人港湾空港技術研究所、佐伯建設工業株式会社、出願日:2005年07月29日
6. 発明者:矢野 博明、斉藤 秀之、岩田 洋夫:没入歩行感覚呈示装置、特願 2007-62180 出願人:国立大学法人筑波大学、出願日:2007年03月12日
7. 発明者:田村隆幸、高畑実、林宏樹、岩田洋夫、矢野博明:力覚呈示装置制御方法及び制御端末、特願2007-240080、出願人:㈱NTTドコモ、筑波大学、出願日:2007年9月14日
8. 発明者:矢野 博明、田中 直樹、横須賀 則之、中島 友紀子:歩行動作教示装置、特願2015-198232、出願人:筑波大学、つくば記念病院、巧企画、宮本製作所、出願日:2015年10月6日